• ホーム
  • ニキビ跡を治すキーワードはターンオーバーです!

ニキビ跡を治すキーワードはターンオーバーです!

2020年02月14日

ニキビ跡は一度出来てしまうと改善するまで時間がかかるため、放置せずに早めに対処する事が大切です。ニキビ跡とは放置後に残ってしまった跡の事を指しており、皮膚の深い層までダメージを受けているので、完全に消えるには早くても半年以上かかり、最悪元に戻らない可能性もあります。

ニキビが出来ている状態の肌は、バリア機能が低下して雑菌などが侵入しやすくなっているので、少しの刺激でもトラブルになってしまいます。炎症が重なったりニキビを放置したままにすると肌の細胞を壊してしまい、ニキビ跡が出来る原因になってしまうかもしれません。これ以上悪化させないようにするためにも、触ってダメージを与えたり放置したりせずに早めのケアを行う事が大切です。

跡を効率的に治すために重要となる事の一つとして、ターンオーバーの働きが挙げられます。肌は常に細胞分裂を繰り返していて、新陳代謝によって約6週間のサイクルで古い細胞から新しく生まれ変わります。その状態をターンオーバーと呼び、細胞を活発化させ促進する事によってトラブルが起きても治るのが早いと言われています。ターンオーバーを乱さないためには、毎日のスキンケアや規則正しい生活習慣を行う事が大切です。メイクや汚れを落とさずに寝ると菌を増殖させる原因になるので、毎日寝る前にクレンジングできちんと汚れを落とし保湿して乾燥させないようにしましょう。

保湿効果が高い薬にはヒルドイドなどがあり、病院で治療する場合にも使用されていて早く治したい方におすすめです。ヒルドイドはアトピー性皮膚炎など皮膚が炎症している時に使用されており、保湿や血行促進する事によって代謝促進効果があるためターンオーバーを正常に働かせます。また副作用も少ないためニキビがあるバリア機能が低下した肌にも使うことができ安全性が高いです。

その他にも治すためには日々の生活を見直すことが必要で、生活習慣が乱れているとターンオーバーのサイクルが6週間よりも長くかかってしまいます。乱さないようにするためにも栄養バランスの良い食生活や適度な運動、質の良い睡眠などを心がけましょう。また紫外線や天候の変化などによる外的ストレスや精神的の内的ストレスを溜め込んでしまうと、ニキビが出来やすく悪化しやすいので気を付けなければいけません。ニキビ跡は早めに行う事で改善できニキビの予防にもなるので、毎日きちんとケアを行ってターンオーバーを促進させ綺麗な肌を目指しましょう。